オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

SX-500IIの画像
 解説 

ビクターがナチュラルな音にこだわって作ったSX-500をさらに磨き上げて完成したスピーカーシステム。

低域には、クルトミューラー社製の20cmのコーン型ユニットが採用されており、このコーンを、高磁束・低漏洩の内磁型構造としたアルニコマグネットで力強く再生しています。
低域のマグネットには、特にポールピースの素材として700℃近くの高温を加え長時間かけて冷却するアニール(特殊熱)処理を加えた鉄材を採用しており、アルニコの特性の良さをより引き出しています。
また、ボイスコイルには無酸素銅線を採用しています。

高域には羽二重の絹に薄膜ゴムをラミネートした3.5cmのソフトドーム型ユニットが採用されています。
ボイスコイルには純度99.999%の高純度6N銅線を採用し、磁気回路には内磁型のアルニコマグネットが採用されています。

音質に大きく影響するフロントバッフルには、適度な内部損失と音速を持つメープル(カエデ)の積層合板を採用し、ビクター独自のサウンドインテンシティ法により新Gラインユニットレイアウトを採用しています。また、スーパー楕円バッフルとすることで、指向性などを改善しています。
キャビネット内部にも音質を考慮し、ウール100%の吸音材を採用しています。
また、仕上げは6面オール木目フィニッシュとなっています。

逆起電力を防ぐため、バイワイヤリング対応入力端子を採用しています。
片チャンネル2本のスピーカーコードをウーファー・トゥイーターそれぞれに独立して結線しており、聴感上の音の広がりなども向上しています。また、マルチ駆動でグレードアップも可能です。
ネットワークのコンデンサには、シルク混抄紙のセパレータ紙を採用しており、コンデンサ内の電極間に発生する振動エネルギー等を緩和し、くせのない音質を得ています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・密閉方式・ブックシェルフ型・防磁型(EIAJ)
ユニット 低域用:20.0cmコーン型
高域用:3.5cmドーム型
定格インピーダンス
定格入力(EIAJ) 45W
最大入力(EIAJ) 180W
周波数特性 45Hz〜30000Hz
クロスオーバー周波数 3000Hz
出力音圧レベル 90dB/W/m
外形寸法 幅270×高さ454×奥行281mm
重量 12.5kg
付属 スピーカーコード(3m)
別売 スピーカースタンド LS-500(2本1組、\23,000)