オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

ST-5150の画像
 解説 

ESシリーズのFM/AMチューナー。

フロントエンドでは、高周波増幅回路に新開発ジャクションFET、4連バリコンを採用し、さらに安定した局部発振回路、FETミキサー回路を採用してます。
これにより、強電界地域でも充分安定した受信を可能としています。

受信局が送り出すありのままの音質を受信するために、中間周波数増幅回路には2素子ソリッド・ステート・フィルターを採用し、さらにIF部には高性能ICを採用しています。

ステレオ信号を分離するMPX回路には、高集積度ICとIC専用の新開発コイルユニットを採用しており、ステレオ分離度を向上させています。
また、無調整タイプの密閉ユニットであるため、調整ズレの心配がなく、熱・湿気などの影響を受けないようになっています。

AM部には高集積度ICソリッド・ステート・フィルターを含むトリプルチューンIFTを採用しており、強電界に強く、妨害排除能力に優れた設計となっています。
また、Hi-FiチューナーでAM放送を夜間に聴いた場合に起きる、不快な高域雑音に対処するため、不必要な入力電波をシャットアウトする入力回路と選択度の鋭いIF回路の採用によって、この問題を解消しています。

電波の強弱を示すインプット・メーターとセンター・ゼロのチューニング・メーターを採用しており、ダイヤル指針は蛍光となっています。

グリーンのエッジライト付き、有効走り幅180mmの大型ダイヤルと等間隔目盛りを採用しています。

ミューティング回路にはFETによるスイッチを採用しています。

ローパスフィルターの採用でキャリアリーク、テープ録音時のビート(高音の干渉雑音)のない録音が可能です。

雑音に有利な75Ω同軸ケーブルが簡単に取り付けられるように、同軸ケーブル用入力端子と接続コネクターが付属しています。

マルチパス現象を目視できる出力端子を搭載しており、オシロスコープにつなぐことで、ベストのアンテナ設置位置と方向が得られます。

機種の定格
型式 FM/AMチューナー
回路方式 スーパーヘテロダイン方式
<FMチューナー部>
アンテナ端子 300Ω平衡型
75Ω不平衡型(同軸ケーブルコネクター)
受信周波数 76MHz〜90MHz
中間周波数 10.7MHz
実用感度 2.0μV(IHF)
感度 1.6μV(S/N=30dB)
S/N比 70dB
キャプチャーレシオ 1.0dB
選択度 70dB(IHF)
イメージ妨害比 75dB
IF妨害比 90dB
スプリアス妨害比 90dB
AM抑圧比 56dB(IHF)
周波数特性 20Hz〜15kHz、±1.0dB
歪率 mono:0.3%(400Hz、100%変調時)
stereo:0.5%(400Hz、100%変調時)
FMステレオセパレーション 40dB以上(400Hz)
19kHz、38kHz抑圧比 50dB
出力電圧/インピーダンス 固定出力(Fixed):750mV/10kΩ(100%変調時)
可変出力(Variable):0〜2V/1.8kΩ(最大出力にて、100%変調時)
マルチパス出力(Multipath Output) Vertical:150mV/10kΩ
Horizontal:150mV/100kΩ
<AMチューナー部>
アンテナ フェライトバーアンテナ
外部アンテナ端子付
受信周波数 530kHz〜1,605kHz
中間周波数 455kHz
感度 50dB/m(バーアンテナ使用時)
30μV(外部アンテナ使用時)
S/N比 50dB
イメージ妨害比 45dB(1,000kHz)
IF妨害比 40dB(1,000kHz)
歪率 0.6%
<総合>
使用半導体 トランジスタ:12(受信回路×9、付属回路×3)
FET:4(受信回路FET×2、付属回路FET×2)
ダイオード:14
IC:3個
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 15W
外形寸法 幅400×高さ149×奥行344mm
重量 7.0kg
付属 FMフィーダーアンテナ×1
接続コード RK-74×1
ポリシングクロス×1
75ΩF型プラグ×1
別売 ウォールナット仕上げ木製ケース TAC-IN(\3,000)