オーディオの足跡

C-2105 VINTAGEの画像
 解説 

B-2105と対になるステレオコントロールアンプ。

電源基板・ラインアンプ基板に、誘電率や誘電正接が極めて小さく、電気的にGHz領域までフラットな周波数特性を保ち、機械的には高い振動吸収性をもつ、テフロンを基板に採用しています。
これにより、素子類に有害振動を与えないため周囲からの様々な干渉を抑え、通過信号の損失を防ぐとともにフラックスの飛びつきや振動を排除しています。

ラインアンプには、入力インピーダンスを高く設定でき高域特性にも優れたMOS FETを搭載しています。
2段目は上下差動方式とし、出力をダーリントンとしたシンプルな回路構成としています。
反転アンプは出力をインバーテッドダーリントンとし、単一チャンネルに載せています。
電源を要する回路を最小単位にとどめ、バランス出力もテフロン基板に取り込み、音質劣化の要因を排除しています。

電源部には、磁気誘導が少なく、レギュレーションにも優れた新設計のトランスを採用し、電解コンデンサー、テフロン電源基盤は各ユニットに分離され、それぞれがフローティングされた状態で電源シャーシ上にマウントされています。

MC・HIGH MC・MMの3ポジションに対応するフォノイコライザーを搭載しています。
入力をFET差動のパラ接続とし、低インピーダンスを実現。2段目は上下差動とし、インバーテッドダーリントンにより出力されています。

左右チャンネルを同一条件で動作させるとともに、ユニット間の電気的・磁気的干渉や振動による影響を排除する独立構造体を導入しています。
また、純銅製ボトムプレートや、アルミラインアンプベースシャーシ、アルミサイドパネル、銅メッキを施した構造物など、構造体の非磁性体化、非共振化、鳴き防止を徹底し、さらに天板にはテフロンシートを使用して内部反射・振動防止対策を施しています。

インシュレーターには、優れた減衰特性をもつ純銅材を切削し金メッキ処理を施し、設置部分には本皮を使用することで、内部および外部の不要振動を抑えています。

コネクター部にはWBT社製のOFC合金・24カラット硬化金メッキRCA端子を装備しています。
また、ノイトリック社製金メッキバランス入力・出力端子を搭載しています。

内部配線材には6Nテフロンシールドワイヤーを採用し、各パーツも厳選したものを採用してます。

機種の定格
型式 ステレオコントロールアンプ
入力感度/入力インピーダンス(1kHz) Phono MC:300μV/33Ω
Phono High MC:2.5mV/100Ω
Phono MM:2.5mV/47kΩ
CD、Tuner、Line、Tape Play1、2:150mV/47kΩ
Balanced Input:150mV/600Ω
最大許容入力(1kHz、THD:0.01%) Phono High MC:40mV
Phono MM:350mV
出力電圧/出力インピーダンス(1kHz) Tape Rec1、2:150mV/600Ω
Output1、2:1.2V/600Ω
Balanced Output:1.2V/600Ω
最大出力(1kHz、THD:0.01%) Output1、2:20V
全高調波歪率(20Hz~20kHz) Phono MM:0.005%以下
CD、Tuner、Line、Tape Play1、2:0.003%以下
混変調歪率(60Hz:7kHz=4:1、SMPTE法) Phono MM:0.005%以下
CD、Tuner、Line、Tape Play1、2:0.003%以下
周波数特性 Phono MM:20Hz~20000Hz、±0.2dB
CD、Tuner、Line、Tape Play1、2:DC~500000Hz、+0 -3dB
SN比(Aネットワーク、ショートサーキット) Phono MC:70dB以上
Phono MM:90dB以上
CD、Tuner、Line、Tape Play1、2:110dB以上
サブソニックフィルター 8Hz(-3dB)、6dB/oct
電源電圧 100V
定格消費電力 20W
外形寸法 幅460x高さ137x奥行383mm
重量 16.5kg