オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

S-X33Cの画像
 解説 

点音源化を追求し、同軸ユニットを採用したスピーカーシステム。

ユニットは14cmコーンと2cmドームの同軸型ユニットを採用しています。
トゥイーターはネオジウムマグネット採用により小型化を実現しています。
リスナーの聴取位置での波面をそろえるため、ウーファーとトゥイーターとの時間軸のコントロールを行い、音源位置を調整しています。さらにW.F.(ウェイブフロント)ダイレクターを採用し、より指向性をコントロールすることで、ウーファーへの反射量を減らし、音響的な混変調歪を低減しています。
W.F.ダイレクターは、自身振動しにくい特殊弾性体で構成することで振動に強い構造となっています。

ウーファーの振動がトゥイーターの振動に影響を及ぼし、機械的な混変調歪を発生させるのを防ぐため、トゥイーターの磁気回路を特殊制振材を介してフローティング構造にし、ウーファーからトゥイーターへ伝達する不要振動を吸収しています。
さらに、ウーファーのボイスコイルからでる磁束がトゥイーターのボイスコイルに影響を及ぼすのを低減するため、トゥイーターをウーファーからフローティングさせ、同時に制振材が絶縁の役目をはたすことで、ウーファーからの磁気の影響を遮断しています。

ウーファー部はG.C.(グラファイトコンポジット)コーンを搭載しています。
さらに、ミッドシップマウント方式を採用しており、ウーファーにシールドフレームを採用することにより、バッフルの不要振動を徹底して抑えています。

スルー/アッテネートの音質切り替えスイッチを搭載しており、サラウンド時などに音質調整が可能です。

防磁設計により、TVの近くに設置することが可能です。

機種の定格
方式 2ウェイ・1スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型・防磁設計
使用ユニット 全帯域用:14cm同軸型
 低域用:14cmコーン型
 高域用2cmドーム型+W.F.ダイレクター
インピーダンス
再生周波数帯域 60Hz〜25000Hz
出力音圧レベル 90dB/W/m
最大入力 80W(EIAJ)
クロスオーバー周波数 4000Hz
外形寸法 幅184×高さ280×奥行150mm
重量 3.5kg