オーディオの足跡

セカイモンで海外の機器を探す

901 WestBoroughの画像
 解説 

物理特性の優劣を極める以前に、音楽から得られる感動を再現する、という目的で開発されたスピーカーシステム。
「ダイレクト/リフレクティング」「フラット・パワーラジエーション」「アクティブ・イコライゼーション」などの特許理論で構築されています。

エンクロージャーには、A.M.E.(アコースティックマトリクスエンクロージャー)が採用されています。
これは、重低音の正確な再現と歪を抑えるため、キャビネット内部は正確に9等分されています。その各部屋の寸法の誤差は、設計値の1/1000インチ以下という、スケールで仕上られています。
これにより、空気容量の均一化と定在波の発生を防止しています。
これにより一般的なスピーカーのキャビネットのような吸音材が不要となり、内部硝石を全て音響的に利用することを可能にしています。
各ユニット毎に一定に定められたキャビネットの空気による「共振の制動」効果、背面に装備されたバスレフポートのチューニングにより、コーン紙の前後運動に制動をかけ、振幅を抑制しながら最大の音響エネルギーを放出しています。
バスレフポート(リアアクティブエアコラム)は、ユニットの向きにより3つの配置されており、圧縮される空気のエネルギー効率と方向性、位相の整合性までを計算して配置されています。
また、形状はジェット機の噴射口に使われるのと同じ流体力学に基づき設計されており、空気の高速噴射によって発生する乱気流を防ぎながら、瞬間的に時速100kmの速度で空気を送り出す能力を持ち、大音量でもクリアで応答性に優れた再生を実現しています。

スピーカーユニットには11.5cmのコーン型ユニットが9個使用されています。
ユニットを均一に仕上るために、ユニットのボイスコイルを可能な限り正確に巻くため、126ヵ所を制御するコンピュータープログラムを開発しています。
わずかな接着剤の量まで管理して、揃えるのが不可能とされたスピーカーのインピーダンスカーブを均一化させています。

スピーカー端子には金メッキスクリューターミナルタイプを採用しています。

アクティブ・イコライザーを搭載しています。

機種の定格
方式 ダイレクト/リフレクティングスピーカーシステム
<901WB>
ユニット 全帯域用:11.5cmコーン型×9
音響エネルギー配分 反射成分:89%
直接成分:11%
許容入力 270W(rms、IEC268-5)
700W(peak)
インピーダンス
周波数特性 30Hz〜18kHz
ターミナル対応線断面積 0.75〜5.5平方ミリメートル
外形寸法 幅538×高さ322×奥行344mm
重量 17.2kg
<901WB-EQ>
入力インピーダンス 47kΩ
出力インピーダンス 1kΩ
ダイナミックレンジ 106dB(35Hz)
歪率 0.09%以下(THD 1kHz、1V入力時)
ルームアコースティック Mid-Bass:225Hz、±6dB
コンペンセーターコントロール Mid-Treble:3kHz、±6dB
Bassスイッチ 3kHz、-6dB/oct
定格消費電力 3W
外形寸法 幅330×高さ70×奥行125mm
重量 1.5kg
<総合>
付属 インシュレーター4個/1本
オーディオピンケーブル×2
別売 専用床置きスタンド PS-9(2台1組、\40,000)