オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

C-280Lの画像
 解説 

C-280に、2アンプ構成による本格的なバランス型のラインアンプを搭載し10系統の入力端子を搭載するなど、改良が加えられたステレオプリアンプ。

従来トランスなどで対応していたバランス伝送を、より高品質に実現するため、ホット側とコールド側にそれぞれ増幅器を設ける2アンプ構成によるバランス伝送ラインアンプを搭載しています。
それぞれの増幅器には全く同一のコンプリメンタリー差動プッシュプル増幅回路が用いられています。
また、ボリュームについても完全にホットとコールドに分けられた精密4連ボリューム(LRチャンネル連動)でコントロールされています。

全増幅段A級プッシュプルに加えてカスコード方式をさらに推し進め、カスコード接続アンプの負荷側にFETを用い、バイポーラ・トランジスター使用時のベース電流リーク等の心配のない構成により、より色付けの少ない再生音を求めています。

ユニットアンプの全てにICによるDCサーボ方式を採用しており、出力に発生した直流を検知して入力に帰還し、DCドリフトの発生を防いでいます。
DCサーボ方式と緻密な設計により、DCドリフトの発生をほぼ皆無とし、MC入力から出力までの全信号系を直結にしています。
また、基盤はしっかりとネジで固定され、A級増幅の出力素子と定電圧電源の素子は放熱を兼ねてハウジングに密着されて固定されており、誘導と振動による共振を防止しています。

電源部では、左右チャンネルに専用の電源トランスをしようし、電気的にも構造的にも完全に独立したモノ・コンストラクションとなっています。
更に、広帯域にわたって低インピーダンス化を図るために、ユニットアンプ毎に専用の定電圧電源を搭載した、合計6個のマルチプル・パワーサプライ方式になっています。
ユニットアンプと定電圧電源部は、厚手のアルミハウジングに収納されて最短距離で結線されるので、高域における電源インピーダンスの上昇を防止しています。

最短でストレートな信号経路を構成するため、スイッチが必要な全ての信号経路のその場所にリレーを設置し、これらのリレーをロジック回路で電子的にコントロールして切り替えを行っています。
使用されているリレーは、オーディオ用や通信機用として特に開発された窒素ガス封入の密閉型リレーを採用しており、接点は金および銀パラジウム合金のクロスバー・ツイン方式で、低接点抵抗、高耐久性の質の高いものとなっています。
さらに、信頼性をより高めるために、低レベル信号経路には4回路並列で使用し、完全を期しています。

イコライザーアンプ部は、基本回路はラインアンプの片側とほぼ同一となっていますが、特に差動増幅の入力段には低ノイズ素子を厳選して使用しています。
音質を左右するRIAA再生特性を作る素子は、抵抗とコンデンサーを組み合わせたネットワークで構成しており、この部分には、オーディオ用として特に開発されたシルバード・マイカコンデンサーを採用しています。
このコンデンサーは精製された高純度のマイカ片にスクリーン法によって銀薄膜を形成し、さらにガラスパターン(薄いガラス層)を印刷するという特殊な加工と構造になっています。これにより、コロナ放電開始電圧が高くなり、パルス的な高電圧にも安定して信号を通過させます。また、音質に影響を与えるリード線の出し方は、銀膜のエッジ部分に直接接続されているため、劣化がありません。

ヘッドアンプ部では、低雑音素子を入力回路に用いると同時に、NFBループの低インピーダンス化を図り、抵抗雑音を減少させています。
また、DCサーボから発生するノイズの影響を避けるために、差動増幅のマイナス側に直接帰還する方法だけでなく、定電流源のベースへ帰還しています。これによりサーボ系のノイズの影響がほぼ無くなり、理論限界値に近いSNを実現しています。

色々なMCカートリッジに対応し、音質を微細にコントロールできるようにするため、MC入力インピーダンスを10Ω、30Ω、100Ωの3段階に切り替えられるように配慮しています。
また、低出力MCカートリッジのために通常のヘッドアンプ利得26dBの他に32dBの利得が得られるようにゲイン切り替えスイッチを設けています。

各入力ジャックには、長期にわたって変質しない事を重視し、高級ロジウム・メッキを施したジャックを特別に作り使用しています。1μm厚で1億回の摺動にも耐える高度をもち、耐蝕性にも優れているため、長期にわたり良好なコンタクトを維持します。

ボリュームをそのままにして瞬時に音量を下げれるアッテネーターを搭載しています。
反時計方向で-∞(無音)、時計方向で-20dB、-30dBにレベルが下がる3ステップ・ロータリー方式を採用しています。

チャンネルバランスを完全にし、リスニングポイントがずれても定位をコントロールできる、左右独立型のアッテネーター式レベルコントロールを搭載しています。

テープレコーダーの録音・再生・モニターができるモニタースイッチや、低音域の量感が増すコンペンセーター、サブソニックフィルターなどの機能を搭載しています。

ゴールド調スクラッチ・ヘアラインのパネルに、重厚なパーシモンウッドケースを採用しています。

機種の定格
型式 ステレオプリアンプ
周波数特性
CD、Tuner、Line、Tape Play: 1.0Hz〜350kHz +0 -3.0dB
20Hz〜20kHz +0 -0.2dB
CD、Line(Balanced Input): 1.0Hz〜700kHz +0 -3.0dB
AD: 20Hz〜20kHz +0 -0.2dB
入力感度/インピーダンス
(定格/EIA出力0.5V)
AD(Head Amp off):4.0mV/0.5mV/47kΩ
AD(Head Amp +26dB):0.2mV/0.025mV/10Ω、30Ω、100Ω
AD(Head Amp +32dB):0.1mv/0.0125mV/10Ω、30Ω、100Ω
CD、Line、Tuner、Tape:252mV/31.5mV/20kΩ
CD、Line(Balanced):252mv/31.5mV/40kΩ(20kΩ/20kΩ)
定格出力/インピーダンス Output(Balanced):2.0V/50Ω(25Ω/25Ω)、XLRタイプ・コネクター
Outpput(Unbalanced):2.0V/1Ω、RCAフォノジャック
Tape Rec:126mV/200Ω(AD時)、RCAフォノジャック
S/N・入力換算雑音
入力ショート IHF-A補正
入力端子 定格入力S/N 入力換算雑音 EIA S/N
AD(Head Amp off): 90dB -140dBV 86dB
AD(Head Amp +26dB): 78dB -152dBV 76dB
AD(Head Amp +32dB): 72dB -152dBV 76dB
CD、Line、Tuner、Tape: 115dB -128dBV 95dB
CD、Line(Balanced): 115dB -128dBV 95dB
最大出力レベル
(歪率0.005%、20Hz〜20kHz)
Output(Balanced):10.0V
Output(Unbalanced):10.0V
Tape Rec:19.0V(AD時)
最大入力電圧
(1kHz、歪率0.005%)
AD(Head Amp off):300mV
AD(Head Amp +26dB):15mV
AD(Head Amp +32dB):7.5mV
最小負荷インピーダンス Output(Balanced):600Ω(300Ω/300Ω)
Output(Unbalanced):1kΩ
Tape Rec:10kΩ
ゲイン CD、Line(Balanced)→Balanced Output:18dB
CD、Tuner、Line、Tape Play→Output:18dB
CD、Tuner、Line、Tape Play→Rec Output:0dB
AD(Head Amp Off)→Output:54dB
AD(Head Amp Off)→Rec Output:36dB
AD(Head Amp +26dB)→Output:80dB
AD(Head Amp +26dB)→Rec Output:62dB
AD(Head Amp +32dB)→Output:86dB
AD(Head Amp +32dB)→Rec Outpu:68dB
ラウドネスコンペンセーター
(音量調整-30dB)
1:+3dB(100Hz)
2:+8dB(100Hz)、+6dB(20kHz)
サブソニックフィルター 10Hz、-18dB/oct
アッテネーター -20dB、-30dB、-∞
使用半導体 トランジスタ:219個
FET:58個
IC:26個
ダイオード:174個
電源 AC100V/117V/220V/240V、50Hz/60Hz
消費電力 75W
外形寸法 幅468×高さ171×奥行396mm
重量 18.1kg